都心で賃貸を探す時に知りたいこと

オフィスビルやファッションビル、テレビ局などが立ち並ぶ都心の中でも中心部のエリアは家賃も高額になります。 都心で一番家賃相場が高いと言われているのは港区だそうです。 港区には麻布、青山、赤坂、白金台、高輪、六本木などお洒落なお店もあり、街並みも素敵で人気のスポットばかりで高いのも納得してしまいます。

都心の中でも中心部の街は家賃も高額に

都心に賃貸住みたいと考えた時に気になるのは家賃相場です。
物件の築年数や設備によって多少の前後はありますが、高いと言われているエリアでは狭いワンルームでも13万円が相場になります。
この家賃の支払いを維持して生活するなら、ある程度の収入がないと厳しいかもしれませんね。

家賃にそこまでかけるのは厳しいけど都心に住みたいという願望を叶えたいなら、都心でも中心地は外してみると家賃相場が下がります。
中心地にアクセスは良い条件で、中心部を外したエリアの都内で住まいを探してみるのも良いでしょう。

東京都は千葉県、埼玉県に隣接しています。
中心部から千葉県、埼玉県に近くなるほど家賃は安くなる傾向にあり、ワンルームであれば5万円台の物件も見つかります。

家賃が高くても煌びやかな中心地に住んで、その生活を維持できるようにバリバリ仕事を頑張りたいと言う人もいれば、中心地にアクセスが良ければ住む場所にはそこまで拘らないので家賃は安い方を選ぶと言う人もいるでしょう。

家賃とエリアの条件は本人の感覚次第ですしが、家賃以外にも病院やスーパーやコンビニなど住まいの近くにあった方が便利と感じる基準もそれぞれかと思います。

住まいが遠方の場合はなかなか直接見に行けないかもしれませんが、治安の良さなども含めてネット上でも情報はしっかり集める事をおすすめします。
自分に合う家賃相場とエリアが決まったら、不動産会社に連絡して希望を伝えると物件も探しやすくなりますし、いきなり尋ねるよりもスムーズです。
内観しないと決めにくいですが、部屋の鍵を不動産屋が常に預かっている場合もあれば、内観の予約が入った時に大家さんから鍵を預かるパターンもあるからです。

入居したい部屋が決定したら契約という流れで審査を受ける事になります。
保証人がいない場合は保証会社を利用できるところも多いので問い合わせてみるとよいでしょう。

都心でも家賃が低めなエリアで探したいなら

中心地に住むには家賃が高すぎると感じるなら、範囲を広げて考えれば中心地までのアクセスは良い条件の中でも家賃相場は低いエリアもあります。 都心なら遅い時間まで電車も運行していますし本数も多いです。 多い中心地に拘らなければ間取りも含めて選択肢も増えてきます。

実際に契約するまでの流れは

いきなり不動産屋に行って契約するのは先方の都合もあるので難しいかと思うので、自分の条件をあらかじめ固めておき、事前に不動産屋に伝えてから、まずは内観することをおすすめします。 本契約するには審査に通過する必要があるので、必要な書類もあらかじめ問い合わせておいた方が良いでしょう。