都心で賃貸を探す時に知りたいこと

この記事をシェアする

都心で一番家賃相場の高いエリアはどこか

都心で家賃が最も高いのは、高額納税者が一番多く在住していると言われている港区です。
港区で代表的な街は麻布、青山、赤坂、白金台、高輪、六本木などです。
きっと誰もが知っているエリアなのではないでしょうか。

有名人やお金持ちが沢山住んでいる街でもあり、高級なレストランやショップ、オフィスや高層ビルも立ち並び企業も集まる贅沢なエリアなので、家賃が高いのも仕方ないのかもしれません。

2LDKでは30万以上、100万を超える高級物件があっても何だか納得してしまうラグジュアリー感の高いエリアです。
ワンルームもありますが、それでも相場は13万円です。

仕事もプライベートもワンランクを目指す人にはピッタリの街ですね。

港区に続いて家賃相場が高いエリアは

港区の隣の渋谷区も同じように家賃相場が高いことで有名です。
渋谷区の代表的な街は渋谷、恵比寿、広尾などです。
ファッション、グルメなどお洒落なお店も立ち並ぶエリアは住みたい街のアンケートでも大人気のエリアです。

気になる家賃相場はワンルームで考えても、渋谷は12万円台、恵比寿と広尾11万円台になります。
港区と比べれば1万円から2万円は安くはなりますが、それでも高額ですから家賃を継続して払うのは大変な事です。
それなりの収入がないと厳しいかもしれません。

中央区、目黒区、千代田区もワンルームの家賃相場は9万円以上で港区に続いて高級なエリアだと言われています。
中央区の代表的な街に銀座があり、地名を聞くだけで高そうだと感じてしまいます。