実際に契約するまでの流れは

この記事をシェアする

まずは下調べからする

住まいを適当に決めてしまうのはあまりおすすめではありません。
快適に暮らせた方が日々の生活も充実します。

今はインターネットで物件情報も細かく見れますし、地図などから近辺の様子も大まかに知ることができます。

質問したいことがあればチャット形式で相談に乗ってもらえる不動産屋もあるようですから、遠方や多忙で不動産屋に通えないならば、そういったサービスを使い情報を集めてみて下さい。

写真で見るのと実際の物件に違いがあると言うのは良く聞く話でもあるので、契約まで一度は住みたい物件を内観した方が良いかと思います。

予約をしないでいきなり内観したいと申し出ても断られてしまう場合もあるので、電話をして予約をしておきましょう。

契約時に必要な書類は事前に確認

住みたい物件が決定したからといって即入居できる物件は少なく、基本的にはまず審査に出して通ってからの契約になります。

審査を通過してから本契約という流れになり、それから敷金礼金や翌月までの家賃などの契約金、書類を交わし、いつから入居するのかを決めていきます。
保証人が必要なら保証人のサインが必要だったり、収入を証明できるものが必要な場合もあります。
保証人がいない場合は保証会社に依頼することも可能です。

身分証明や印鑑、家賃引き落としの口座番号など、契約には細かい書類も多いです。
入手までに日にちが必要なこともあるかもしれないので、2度手間3度手間にならないように、契約時に必要な書類は万全にしておきたいところです。