都心でも家賃が低めなエリアで探したいなら

この記事をシェアする

家賃相場が安めで都内中心部に近いのはどこ

東京の23区内なのにもかかわらず、家賃相場が低めだと言われているのが、江戸川区、足立区、板橋区、江戸川区、練馬区などの千葉県や埼玉県に隣接しているエリアです。

都内中心地へのアクセスが良いし、安い物件も多いと若者たちにも人気です。
家賃が安いと間取りや設備など選択肢も増えます。

会社や学校などに時間がかからず通えるのなら、家賃の高めな都内の中心部に住まなくても良いという考えの人も多いそうです。
家賃にかかる費用を抑えて別の事に使いたいという人もいるでしょう。

都内の中心部を避けた方が、駅前などに大きなショッピングモールがあったりと、交通の便だけでなく、ショッピングや生活も充実していて暮らしやすいのも魅力のようです。

家賃が安いエリアの相場はどの位か

千葉県や埼玉県に近いこのエリアは学生にも人気の街でワンルームが多くあるようです。
ワンルームなら平均5万5千円、1Kや1DKでも平均が6万5千円で、都内の中心部と比べると半額近く安い家賃相場になります。

探せばこのエリアには古い物件も多くあるので、築年数や駅から離れればもっと安い物件もみつかります。

お洒落で煌びやかな街ではないかもしれませんが、都内中心部までのアクセスの良さ、家賃が手ごろ、安いスーパー、治安が良いなど暮らしやすさを優先するのも良いですね。

大きな公園もあれば、平日はビジネス街、休日は緑の多い場所でリラックスしたりとオンとオフが区別しやすいのも魅力かもしれません。

都内中心部と少し外れたエリアでは家賃の違い以外の魅力の違いがあるようですね。